スポンサードリンク
   


カウンセラーが合わない時・・・



カウンセラーと言ってもいろんな人がいます。

私の場合は幸運にも
しっくりくるカウンセラーに出会えたのですが、
そうでないカウンセラーもいました。

正直言って、カウンセラーが合わないのであれば、
すぐに変えた方が良いかもしれません。

もちろん、しばらくは通った方が良いですが、
それでも「なんかずれるなあ」とか
「わかってもらえていないなあ」
というのがあれば、変えた方が良いと思います。

というのも私の場合は、
カウンセラーを変えてから
グッとうつ病が改善したのを実感しました。

改善と言うのはちょっと違うかもしれませんが、
何というか「こういう風に頑張れば良くなるんだ」という
見通しが見えてきたという感じでしょうか。

すっごく気持ちが楽になって、
「前を向いて頑張ろう、頑張れる!!」
という思いが出てくるようになりました。

カウンセラーが変わるだけで
これだけ違うんだと思ったものです。

もちろん、合わないカウンセラーが悪いという
わけじゃないんですが、やはり相性と言うのは
大事だと思うのです。

ちなみに断り方なのですが、
「合わないから別の方にしたいです」
と正直に断るのはかなり難しいと思います。

そんな風に言えるのなら、
そもそもうつ病になっていませんからね。

なので、私もそうですが、つい
「良くなりました。ありがとうございました」
と嘘をついてしまって、逃げるようにやめました。

その時は病院に行くのも最初は気まずかったのですが、
カウンセラーが来ている時間帯をずらすことで、
転院までは至らなかったです。

でもカウンセラーが合わない時って
本当にしんどいですね。

だからこそ、自分に合ったカウンセラーを見つけるのって
本当に重要なことなんだと思います。

posted by とあるサラリーマン at | うつ病のカウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病のカウンセリングは効果があるのか?



うつ病にカウンセリングって効果があるのか?

これは私の経験ですが、
うつ病にカウンセリングは効果あると思います。

しかし、それはカウンセラーさんに
よりけりだと思います。

私も最初のカウンセラーさんは
話を聴くばかりで、
「なんか意味がないなあ」と思いました。

次のカウンセラーさんは、
非常にズバズバと的確についてくる感じで、
逆に安心感が持てました。

なので、私の印象としては、
うつ病のカウンセリングは
ゆっくりと話を聴くタイプと言うよりも、

状況に応じて、アドバイスや情報提供を
しっかりとしてくれる人の方がいいんじゃ
ないかと思います。


でも、あれこれアドバイスばかりするような
カウンセラーさんは逆にしんどいですよね。

私がカウンセリングを受けたカウンセラーさんは
その辺りのバランスが非常に良かったと思います。

あとは、精神科や心療内科に詳しい
カウンセラーさんの方がいいですね。

困ったことがあれば、
何でも相談してくれるような感じでしたので。

もちろん、カウンセリングの効果には、
カウンセラーさんとの相性がありますので、
大切なのは、自分に合ったカウンセラーを
選ぶことじゃないかと思います。


逆にしんどくて、話もするのがダメな場合は、
私が最初にお会いしたような
じっくりと話を聴くようなタイプのカウンセラーが
合うかもしれません。

その一方で、ちょっと前を向いて頑張りたいという人は、
私が二人目に出会ったビシバシとアドバイスをくれる
タイプの方が合っているのではないかと思います。

それを考えると、大切なのは、
自分の状態に合わせたカウンセラーを選ぶことだと
思います。

posted by とあるサラリーマン at | うつ病のカウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク