スポンサードリンク
   


うつ病の復職で家族にしてほしいこと


うつ病で休職が続くと、
復職の時はかなりプレッシャーを感じるものです。

本人もそうなのですが、
家族の人も同じように期待や不安を
感じていると思います。



そこで、復職の際に、家族や周りの方に
お願いしたいことがあります。

できれば、うつ病の方の復職では
家族の人たちはいつも通り普通に
関わっていただきたいのです。

必要以上に不安やプレッシャーを
家族の人たちが感じていると、
うつ病の方たちにも伝わってしまいます。

そうなってしまうと、

過剰に期待されている・・・
失敗できない・・・
もし再発して休職したら失望すだろうな・・・

と、かなりのプレッシャーを感じてしまうのです。

かといって、何も思われていないと、
「見捨てられたのかな」と逆に不安になってしまい、
それが負担になってしまいます。

できるだけいつも通り、
暖かい目で見守っていただけると、
ホッとするのです。

まあ、いつも通り、
「仕事頑張ってね」と軽く声掛けを
していただけると、ちょっと救われた感じになります。

こんなことを書くと、
曖昧な感じで、結局のところどうしたらいいのか、
ちょっとわかりにくいかもしれませんね。

まあ、あまり過剰に反応しないように
してほしいということです。

もう少しわかりやすく言えば、
風邪ひいて治った子どもを
学校に送り出すようなイメージでしょうか。

そういう普通の関わり方をしてもらえると、
うつ病の方は本当にホッとします。
posted by とあるサラリーマン at | 復職に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病の復職プラグラムを乗り切るために



うつ病で休職すると、治ったからと言って、
すぐに復職するのは望ましくありません。

復職するためには、
最初に復職プラグラムを受ける必要があります。

会社によっては復職プラグラムを
置いていないところもあるようですが、
私の経験から言えば絶対に必要だと思います。

その理由として、何か月も休職してしまうと、
復職しても体が仕事に慣れていません。

そのため、しばらくは仕事に慣らしていくことが
必要になっていくのです。


その時に必要になるのが
復職プラグラムです。

復職プログラム 乗り切る

会社によってやり方は違いますが、
大抵は4週間の間、午前中出勤をして、
その後残業なしで出勤をして・・・
と言う感じで徐々に仕事に慣らしていきます。

この復職プラグラムは乗り切れる人もいる一方で、
乗り切れないまま再度休職してしまう人もいます。

復職プラグラムを乗り切るコツとしては、
一番は焦らないことです

復職の時はどうしても負い目を感じるものです。

私のせいでみんなに迷惑をかけてしまった・・・と。

そのため、人一倍頑張ろうとしてしまい、
自分のキャパシティ以上に頑張ってしまいます。

もし、復職して、退社時にドッと疲れたり、
肩こりがひどかったり、頭痛がした場合、
最初の数日間だけならいいですが、
それがずっと続くとなれば赤信号です。


恐らくかなり自分に無理をしています。

仕事どころか、復職プラグラムを
乗り切ることさえ困難でしょう。

その時は一旦深呼吸して、
「ああ自分は無理しているなあ」と
自分自身に問いかけてみて下さい。

そして力を抜きましょう。

復職プラグラムを乗り切るコツは
無理をしないこと、焦らないこと。

自分のペースで乗り切る姿勢が大切です。

posted by とあるサラリーマン at | 復職に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病の復職のタイミングについて



うつ病の復職のタイミングについて、
これは非常に難しいですよね。

私の場合、復職を焦り過ぎて、
タイミングを間違えてしまい
二度目の休職に陥ってしまったのですから。

このブログを読んで下さる方は、
その時の私と同じように、
「早く仕事に戻りたい!!」
という方が多数だと思います。

うつ病 復職 タイミング

復職のタイミングですけど、
私は専門家じゃないので
「これだ!!」というのは言えないのですが、

お医者さんによれば次の3つのポイントが
基準になるそうです。

まずは生活リズムが安定していること。

当然ですよね。

全くご飯が食べれなかったり、
昼夜逆転している状態が続いていたら、
仕事なんてできるわけがありません。

それから、会社側に復職後のサポートがあるかどうか。

中には何もフォローやサポートがなくて、
復職してもすぐにつぶれてしまって休職してしまう
ケースもあるようですね。

こういう話し合いがしっかりとできるかどうかも
タイミングを見計らうポイントとなるそうです。


最後は、復職しても悪化しないと言えるかどうか


つまり、見通しです。

仕事でプレッシャーがかかっても、
多忙になっても変わらずに業務ができるという
見通しが持てるかどうかです。

これは例えば、リハビリ出勤をして、
無事に仕事ができるかどうか、
残業なしや仕事のミスがあっても、
心身共に崩れないかどうか。

こういうのをチェックしていくことで
「しっかり仕事ができる」と見通しが
持てる様になれば、復職は行けると思います。

この3つがちゃんとできるかどうかが
復職のタイミングの基準になると思います。

なので、まずは復職を考えるのではなく、

生活リズムを整えて
会社側とサポートについて話し合い、
リハビリ出勤でも大丈夫と思えるように考えて、
取り組んでいくことが大切かと思います。

posted by とあるサラリーマン at | 復職に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

復職でうつ病を悪化させないコツとは?



復職をした結果、
うつ病を悪化させてしまうことは
良くあります。

その原因の多くが、
焦りから来る、無理強いです。

私の場合も、早く役立とうと
無理をしてしまい、
うつ病を悪化させました。

他の悪化の要因としては、
職場の雰囲気や仕事内容が
もともと自分と合わないパターンが
あると思います。

幸い、私の場合は上司や職場に
恵まれていました。

それでなんとか復帰できたのですが、
職場の人間関係が悪いと
そこでエネルギーを使いすぎてしまい、
却ってうつ病を悪化させてしまうようです。

それはうつ病経験者の私としては
よくわかります。

それくらい治りたてというのは
敏感で傷つきやすいのです。


そうした職場の場合、
どうしても無理ならやめた方が
いいかもしれません。

何と言っても自分の健康には
変えられませんからね。

うつ病を悪化させないコツは
何と言っても無理しないことです。


これは復職であろうと同じです。

身体にあまりにも無理が出てしまって、
負担になるようであれば、
まずは何が無理になっているのかを
探しましょう。

その時にカウンセリングを受けるのも
良いかもしれません。

それから原因が見つかれば、
対処法を考えていけばいいのです。

職場が問題であれば、
そこを去るのか、職場で適応できる術を
考えていくのかを見直してみることです。

気負いや焦りから無理が出ている場合は、
ちょっと一息ついて、肩の力を抜くことです。

その際に家に帰ってストレッチをしたり、
アロマをかいだりするのもいいでしょう。

とにかく、復職で悪化させないためには
無理をしないことが大切です。

posted by とあるサラリーマン at | 復職に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病の復職の成功率を上げるために


うつ病になって休職すると、
最終的には復職、
つまり仕事に戻ることがゴールになります。

しかし、この仕事に戻ること自体が
かなりハードルが高いんですね。

どっかの本で読んだのですが、
一回復職しても半分以上の方が
3か月以内に再度休職されるのだそうです。

復職の成功率はかなり低いです。

これは私の経験からだと、
仕事を休んだために、自分がどう働いていたのか、
自己イメージや自信がないことも
一因として挙げられるのかもしれません。

だからこそ、精神科のお医者さんの多くは
よほどのことがない限りは
休職を進めないのだそうです。

長期間休めば休むほど、
復職の成功率は低くなるようです。

しかし、焦って復職しようとすると、
私みたいにすぐにつぶれて
再度休職になってしまうこともあります。


そのため、復職の成功率を上げるには
まずはじっくりとうつ病を治すことです。

そのためには、
栄養と運動と休養と適度な振り返りでしょうか。

振り返りはカウンセリングを受けるといいでしょう。

もちろんカウンセリングだけで
うつ病を治すことはできませんが、
補助的に使うことでかなり復職の成功率が高くなります。

順番としては、

まずはしっかりと休養を取って疲れをいやして、
栄養をしっかり取って、

少し元気が出てきたら軽い運動をして、

落ち着いて考えられるようになってきたら
カウンセリングを受けるという形が

理想的だと思います。


上記は私の実体験に基づく順番ですが、
順序を追って治すことで、
うつ病の復職の成功率は上がると思います。


posted by とあるサラリーマン at | 復職に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク