スポンサードリンク
   


うつ病の接し方での禁句−言ってはいけない言葉



うつ病の人と接する際に
禁句として言ってはいけない言葉があります。

一つは相手を非難・批判するような言葉ですが、

参考:うつを悪化させる言葉がけとは?

他にも「頑張れ」「頑張って」もそうですね。

頑張っても頑張れないから苦しいのに、
「頑張れ」って言われたら本当に情けなくなって、
死にたくなるほどつらかったです。

本当に何を言われても非難されていると
取ってしまいますから、
一時期は人と関わるのも怖かったです。


それで引きこもりがちに
なってしまったこともあります。

そうなると、
うつ病の人にとって禁句なんて
たくさんあるように思ってしまいますが、
逆に言われてホッとする言葉、
嬉しい言葉と言うのもあります。

その一つは、「大丈夫だよ」です。

ずっと自分はダメなんだと思ているので、
そういう風に言われるとほっとして、
心が軽くなりました。

何か自分を肯定してもらえるような言葉が
一番いいんですよね。

そうなると否定するような言葉かけは
全部禁句となってしまいますね。

もし、うつ病の家族や知り合いを持つ方へ、
うつ病の人たちに否定的な表現は
禁句ですし、大きく傷つく可能性があります。

だからこそ、できるだけポジティブな言い方、
表現で接してあげてください。


例えば、うつ病で落ち込んでいるときに、
「そんなことで落ち込んでいたら先へ進めないよ」
という言い方は禁句です。

そうではなくて、
「そんな風に落ち込んでいて辛そうだね。
どうしたらいいか一緒に考えようよ」
と寄り添って少しでも肯定的に前が見れるような
接し方をしてくれると本当に助かるのです。

以上、うつ病の接し方で使わないでほしい禁句に
ついてお話しました。
posted by とあるサラリーマン at | もし家族がうつになったら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病の人の支え方のポイント


うつ病の人を支えたり、
関わったりするとき、
次のことを意識するのがポイントと思います。

それは・・・

うつ病の人の関係を壊さないことです。

私は医者でもカウンセラーでもないので、
どちらかというと今までの経験からですが、
つ病になった時に嬉しかっのは、
家族や大切な人との関係が壊れなかったことです。


だからこそ、一歩前に踏み出すことが
できたのだと思います。

なので、うつ病の人を支える場合は、
その人と良い関係を維持できるようにするのが
一番のポイントだと思います。

そのため、批判や非難をしたり、
うつ病の人を特別扱いするような言動は
慎むことが大切だと思います。

だからこそ、いつも通り変わらない態度で
関わってもらえることが一番の支えになるのです。

ちなみに、良い人間関係を築くためには、

傾聴する
信頼する
励ます
受容する
尊敬する
支援する
意見の違いについて交渉する


関わり方が有効だと言われています。

なぜそうした関わり方が良いかは
下の本に詳しく書かれています。
↓ ↓ ↓ ↓


うつ病になって、いろんな心理学の本を
読んできましたが、この本は久々に
「すごい」と思わず唸ってしまいました。

どこかで選択理論の勉強会に
参加してみたいという思いがあります。

また、この本を読んで
うつ病の治療に人間関係が必要なんだと
改めて思いました。

とにかく、うつ病の支え方のポイントは
より良い人間関係をどう作るかだと思います。

それを意識して関わってほしいと思います。
posted by とあるサラリーマン at | もし家族がうつになったら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつを悪化させる言葉がけとは?


前回の続きです。


家族がうつ病になった時の接し方


うつ病を悪化させる
言葉がけや態度についてですが、
一番は批判的な言葉です。

「そんな体調管理もできないから
うつ病になったんだよ」

「結局甘えでしょ」

「そんなんでこれからどうするの?」

と、批判や非難されると、
うつ病は確実に悪化します。

なぜなら、うつ病の時は
本当に心が脆くなっていて

(脳が弱っているためだそうですが)

何気ないことに対しても
批判と受け取ってしまい、
心がグチャグチャになってしまうのです。


なので、できればうつ病の人を批判するような
言葉かけや態度はやめた方が良いです。

ただ、その人にとっては何気ない一言でも
うつ病の人にとっては、批判と受け取ってしまい、
心がウワーっとなってしまうこともあります。

これがあるから、うつ病の人を
腫物を触るみたいに接してしまうのでしょうが、
の時は、どういう意図でそんな言葉を使ったのかを
しっかりとうつ病の人に話してあげてください。


どういう意図でそんな言葉を使ったのか、
納得できればうつ病の人も気持ちが落ちつくし、
何より家族での心の絆も回復します。

そうした心の絆の回復は悪化を防ぐ上に
うつ病の回復にとっても大きな助けとなります。

何でかというと、うつ病の人って
「社会の中で上手くいっていない」って
自分を責めているので、
家族や身近な大切な人が、
「自分のことを大切に思ってくれる」だけで、
すっごく心がホッとするのです。


なので、うつ病の人に対して、
批判するような言葉がけはしないように
注意していただけるとありがたいです。

posted by とあるサラリーマン at | もし家族がうつになったら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家族がうつ病になった時の接し方


ここでは私のうつ病の経験から、
もし家族や大切な人がうつ病になった場合の
接し方についてお話したいと思います。

家族 うつ病 接し方

うつ病になった場合、
私個人の経験からですが、
一番辞めてほしいのは
「過剰に心配されることです。

「大変、どうしよう!!」
と心配され過ぎると、うつ病の当事者としては
申し訳ない気持ちが一杯になって苦しくなるのです。

なので、できればですが、
いつもと変わりなく接してくれると、
大変ありがたいのです。

「どうしよう・・・」と腫物に障るみたいな感じで
関わられると、本当に苦しくなります。

いつもと変わりない接し方って言っても、
「じゃあどうしたらいいの?」
と逆に困ってしまう人も多いと思います。
そんなに難しく考える必要はありません。

例えば、
朝起きたときにいつも通り
「おはよう」と声をかけてくれたり、
「今日ご飯食べれそう?」
とか、いつも通りの関わり方で
構わないのです。


このいつも通りと変わらない態度で
家族が接してくれるというのはうつ病の人にとって
とってもありがたいのです。

変に気を遣ったりとか、
「うつ病だから・・・」と特別扱いしたりされると、
余計に「私がいけないんだ」と落ち込んでしまいます。

(逆に特別扱いされて喜ぶのであれば、
それはうつ病とは違うと思いますが・・・)

ただ、いつも通りの接し方でいいと言っても
できれば避けた方が良い関わり方もあります。

特に家族には気を付けてほしい
言い方や態度と言うのもあり、
知らず知らずに使ってしまうと
うつ病の人を傷つけてしまって、
より一層うつ病が悪化してしまうこともあるのです。

次回は家族の人に避けてほしい関わり方について
お話ししたいと思います。

posted by とあるサラリーマン at | もし家族がうつになったら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク