スポンサードリンク
   


うつ病の再発のきっかけ



うつ病で一番怖いのは
再発です。

「治った!!」と思って復職しても、
再発して再度休職してしまうことも
結構多いのです。

その時のショックはかなりのものです。

私も再発して休職した時は
ショックのあまり寝込んでしまいました。

再発のきっかけはいろいろあります。

例えば、ストレス。
仕事のプレッシャーや意気込み過ぎて、
脳に負担がかかり過ぎて再発するケースは
多々あります。

後は体調管理ができなかった場合。

せっかく休職中に生活リズムを整えていても、
仕事によって乱れてしまい、その結果
再発につながってしまいます。

この辺りは自分で調整しておくことが
必要ですし、可能な部分です。

ただ、私の場合はなかったのですが、
環境的なきっかけもありますね。

例えば、職場の環境が劣悪過ぎる場合は、
(パワハラとかいじめとか)
多分再発してしまう可能性は高いです。

この場合は自分だけの力では限界があります。

私も職場の環境が悪かったら、
再発して復職どころではなかったかもしれません。

上司にかなり恵まれていましたし、
それは私にとってかなり幸運でした。

ただ、うつ病を治していく上で、
上記の再発のきっかけは
押さえておいた方が良いでしょう。

特に私の場合は、自分の体調を考えずに
一気に仕事を抱え込もうとして、
生活リズムを乱してしまって、
再発してしまいましたからね。


今思うと、仕事に戻って
いきなりあれだけ自分を追い詰めれば、
再発するのは当たり前だと思います。

うつ病の治療に取り組んでいる皆様方。

まずは上記の再発のきっかけを頭に入れて
自分を大切にすること。

それが再発予防につながりますよ。

posted by とあるサラリーマン at | うつ病とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病と甘えってどう違うの?



うつ病の人に対して、
「それって甘えじゃないの?」

と思ってしまう人って多いと思います。

私がうつ病の時だった時に、
一回親戚の叔父さんから、
「そんな風に甘えて家におったら、
いつまでたっても変わらんぞ」
と言われたことがあって、
かなり傷ついたことがあります。

しばらくは寝込んで、
何もできませんでした。

私の経験からだけですが、
うつ病の人に甘えっていうと、
本当に傷ついてしまいます。


でもうつ病と甘えって、経験のない人は
なかなか区別がつきにくいみたいですね。

私はうつ病になる前は、
「うつ病って甘えじゃないの?」と
思っていたのですが、
実際にうつ病になってみて、
うつ病と甘えは全然違うと確信しました。

実際にうつ病になると、
本当に体が動かないし、やる気が出てこないし、

一言でいえば、
頭では何とかしないといけないと思っているのに、
体が全く動かない状態。


甘えたくないのに、甘えざる得ない。
そんな状態なんです。

だから、上司や家族が
「しっかり治すんだよ」
という言葉には涙が出るくらい嬉しかったです。

その反面、かなり申し訳ない気持ちもありました。

これは私見ですが、
うつ病と甘えの違いって、
うつ病の人は
優しくされると申し訳なくなるのに対して、

甘えの人は、
逆に喜んでしまうのではないか、


その辺りが違うんじゃないかと思います。

もし、「ゆっくり治していいよ」
と言われて、嬉しそうな顔をしていたり、
そこから遊びの計画を立てたり
しているのであれば、それは甘えだと思います。

なんせ、うつ病の人はそんなことをする
余裕なんてありませんから。

以上、私の経験からですが、
うつ病と甘えの違いについて書かせて頂きました。
posted by とあるサラリーマン at | うつ病とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病で落ち着かない時の対処法


うつ病で一番困ったことは、
日中、ソワソワして落ち着かないときが
あるということです。

これは実際に経験した人しか
わからないと思うのですが、
特に土日とかになると、
どうしていいかわからず、
ソワソワしてしてしまうんですよね。

その落ち着かない感じが
酷くなってくると、
呼吸も荒くなってしまって、
ちょっと過呼吸気味になってしまったり。

落ち着かせようとするけれども、
全然気持ちが落ち着かず、
余計に焦ってしまうんですよ。

これは本当にきつかったです。

私はこういう時は、
お薬を飲んで、布団の中に入って、
ひたすらソワソワする感じが
なくなっていくのを待つしかありませんでした。

そのまま、まどろんできて
寝てしまうこともありました。

ただ、カウンセリングで
気持ちが整理できるようになると、
こうした落ち着かない感じと言うのは
大分なくなっていきました。

よく認知行動療法では、

「思考と感情はセットになっている。」

と書かれていますが、
思考が変わってくると、
ホントに感情も変わってきて、
びっくりしたのを覚えています。



よくカウンセリングと医療はセットだ、
なんてよく言われていますが、
本当にその通りだと実感しました。

もし、うつ病で落ち着かない時が続く場合は、
もしかすると考え方が変わったり、
リラクゼーション法を学ぶと
変わってくるのではないかと思います。

薬以外の対処法も調べてみることが、
うつ病の治し方のカギなのです。


posted by とあるサラリーマン at | うつ病とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病はプレッシャーやストレスが原因で起こります


うつ病はよく「ストレスが原因で起こる」と、
言われています。

確かに、私の場合、うつ病になる前は
2か月もロクに眠れない上に、
仕事のプレッシャーや責任も大きくて、
ストレス過多な毎日でした。

よく毎日過ごせていたと思います。

プレッシャーを感じ続けると、
人間、最後は体に出るんですよね。


特に、「周りに迷惑をかけている」
というプレッシャーは
かなりのストレスでした。

一度、復職に失敗した時は、
それが一番の原因だったと思います。

でも、こういうストレスって、
なかなか解消ができないんですよね。

こういうのって一番の解消法は、
「迷惑かけないように仕事ができること」
しかないんですよね。

ただ、これが一番の大きな
落とし穴でもあるんです。


私も迷惑かけないよう頑張ろうとした結果、
復職に失敗しました。

このときに、考えないといけなかったことは、
「なぜ失敗したか」ではなく、

「迷惑かけないように仕事ができるためには、
今何をしないといけないか」

だと思うんです。

私の場合は、
「時間をかけてでも治そう」
と考え方を切り替えることで、
プレッシャーやストレスが一気に軽くなりました。

これはカウンセリングの効果が大きいのですが、
ストレスって案外、考え方次第で、
楽になるもんじゃないかと思います。


もしかすると、
これが一番良い解消法かもしれませんね。


↑ ↑ ↑ ↑
思考の変え方は上記の本がお勧めです。

認知行動療法はうつ病の治療に役立ちます。


posted by とあるサラリーマン at | うつ病とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落ち込みが激しいのもうつ病の特徴です。


うつ病の特徴の一つに
「落ち込みが激しい」
と言うのがあります。

これは一般でいう落ち込みではなくて、

(これも経験した人でないとわかなりのですが)

落ち込みの激しさがかなりすごいんです。

例えるなら、
いきなり滝に真っ逆さまに落ちたような感じです。

この落ち込み加減は
自分でコントロールできなくらいで、
一気に死にたくなることも多々ありした。

これは脳生理学でいうと、
うつ病になると脳内の神経伝達物質の
バランスが崩れてしまうので、
感情がなかなかコントロールできないからなんですよね。


なので、いったん落ち込むと
かなり急激に落ち込み続け、
本当に「死にたい」「消えた方がいい」
と言うところまで行きます。

ちょっとした一言でも
むちゃくちゃ傷ついてしまったり、
なかなか立ち直れなかったりします。

うつ病が治ってくるとそうでもないのですが、
治ってもいないのに復職したころは
ちょっとしたミスでもかなり凹んでしまって
仕事に支障がでるほどでした。


この辺りは、カウンセリングで考え方もですが、
お薬で脳の状態を落ち着かせていくことで
少しずつ改善していきました。

サプリメントや豆乳を飲んだことも大きいですね。

栄養バランスを整えていくと、
脳のバランスが良くなっていったのか、
落ち込みもコントロールが出来るほどになっていきました。

こういう脳と心の両方を視野に入れた治療を
行っていくことで、うつ病は確実に治ると思います。

皆さんも、「薬だけ」「カウンセリングだけ」ではなく、
いろんなものを取り入れて治していってください。

posted by とあるサラリーマン at | うつ病とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク