スポンサードリンク
   


不眠症を改善するためにお酒を辞めた時の感想



もし、今夜がなかなか眠れなくて、あなたが不眠症であれば、お酒は絶対に飲まない方がいいです。

お酒を飲んでしまうと、お酒を分解するのに、酵素が使われます。

あまり知られていないですが、私たちは質の良い睡眠を取るためには、相応のエネルギーや材料がいります。

お酒を飲むと気持ちがよくなって眠たくなって、不眠症に効果がありそうな感じがありますが、睡眠に必要な栄養がお酒の分解に使われるため、質の良い睡眠ができなくなるのです。

簡単に言えば、熟睡ができなくなります。

それがかえってうつ病の原因になったりします。

私がうつ病の治療で最初に言われたことは、「寝る前のお酒を一切やめること」でした。

最初は、えー・・・と思いましたし、言われたからと言って簡単に辞めることなんてできるわけもありません。

もともと寝る前の一杯のお酒が楽しみだったので、それを辞めるなんてその時の私にはできませんでした。

お酒を飲んで睡眠薬を飲んでから寝るということもしました。
(本来なら絶対にやってはいけないことです)

ただ、2回目の復職失敗の時は、さすがに心身ともにまいったので、お医者さんの指示通り寝酒は辞めるようにしました。

お酒を辞めた後は、辞める前と比べて薬の効きが良くなったように感じました。

それだけで、不眠症が改善したわけではないのですが、睡眠薬は逆に飲まない方が効きやすい感じでした。

あと、飲んでいるときは、朝起きた後、とても憂鬱で悲しい気持ちだったのですが、お酒を飲まなくなってからは、そうしたことはずいぶんと減りました。

この辺りもお酒と睡眠が関係しているのかもしれません。

あまり漠然とした感想ではないのですが、不眠症を改善したければお酒は辞めた方がいいと思います。

あ、ちなみにうつ病が治った後は、ほどほどですがお酒は飲んでますよ。

ただ、前みたいに毎晩の寝酒はしていないというだけです。

    スポンサードリンク
   

posted by とあるサラリーマン at | 不眠症の改善の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク