スポンサードリンク
   


精神科医は患者の話をあまり聞かないわけとは?


こんにちは。

今回はうつ病で病院に罹ったことのある人なら
誰でも疑問に思う話をしたいと思います。

それは心療内科や精神科のお医者さんが
患者さんの話をあまり聞かないことです。

私も不思議に思ったのですが、
精神科のお医者さんって本当に
患者さんの話を聞かないですね。

私の場合、会社に行けなくて辛い思いを
しているのに、お医者さんって体の状態のことしか
聞いてくれません。

もっと具体的に言えば、
お薬の効き具合が話のメインで、
それ以外はあまり興味がないという感じです。

これは本当に不思議でした。

精神科医だからもっと心のことを聞くんじゃないかと
悩んでいることを親身になって聞くんじゃないかと
思っていましたから、このギャップに悩みました。
精神科の医師が患者の悩みをあまり聞かない理由とは。
http://utunonaosikata.seesaa.net/article/376818184.html

でその理由が詳しく書かれているのですが、
それを読んで納得しました。

なるほど、医者やカウンセラーは聞くポイントが違うんだと。

精神科医が体のことを聞くのは医者だからです。

これを読んで私はカウンセリングを受けようと
真剣に考えるようになりました。

結果、それが大変良かったのですが、
うつ病の治療で大切なのは、
医者とカウンセラーが聞きたいことや話せることは、
全く違うということです。

なので、もし何か話したい、
悩みを相談したいのであれば、
精神科医ではなくカウンセラーに
相談した方がいいですよ。




あとはこの本も大変役に立ちますよ。

大切なことは精神科医は患者さんに対して、
どんなことをする人なのかを
きちんと知っておくことだと思います。

    スポンサードリンク
   

posted by とあるサラリーマン at | 医者との関わり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク