スポンサードリンク
   


うつ病の復職プラグラムを乗り切るために



うつ病で休職すると、治ったからと言って、
すぐに復職するのは望ましくありません。

復職するためには、
最初に復職プラグラムを受ける必要があります。

会社によっては復職プラグラムを
置いていないところもあるようですが、
私の経験から言えば絶対に必要だと思います。

その理由として、何か月も休職してしまうと、
復職しても体が仕事に慣れていません。

そのため、しばらくは仕事に慣らしていくことが
必要になっていくのです。


その時に必要になるのが
復職プラグラムです。

復職プログラム 乗り切る

会社によってやり方は違いますが、
大抵は4週間の間、午前中出勤をして、
その後残業なしで出勤をして・・・
と言う感じで徐々に仕事に慣らしていきます。

この復職プラグラムは乗り切れる人もいる一方で、
乗り切れないまま再度休職してしまう人もいます。

復職プラグラムを乗り切るコツとしては、
一番は焦らないことです

復職の時はどうしても負い目を感じるものです。

私のせいでみんなに迷惑をかけてしまった・・・と。

そのため、人一倍頑張ろうとしてしまい、
自分のキャパシティ以上に頑張ってしまいます。

もし、復職して、退社時にドッと疲れたり、
肩こりがひどかったり、頭痛がした場合、
最初の数日間だけならいいですが、
それがずっと続くとなれば赤信号です。


恐らくかなり自分に無理をしています。

仕事どころか、復職プラグラムを
乗り切ることさえ困難でしょう。

その時は一旦深呼吸して、
「ああ自分は無理しているなあ」と
自分自身に問いかけてみて下さい。

そして力を抜きましょう。

復職プラグラムを乗り切るコツは
無理をしないこと、焦らないこと。

自分のペースで乗り切る姿勢が大切です。


    スポンサードリンク
   

posted by とあるサラリーマン at | 復職に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク