スポンサードリンク
   


うつ病の接し方での禁句−言ってはいけない言葉



うつ病の人と接する際に
禁句として言ってはいけない言葉があります。

一つは相手を非難・批判するような言葉ですが、

参考:うつを悪化させる言葉がけとは?

他にも「頑張れ」「頑張って」もそうですね。

頑張っても頑張れないから苦しいのに、
「頑張れ」って言われたら本当に情けなくなって、
死にたくなるほどつらかったです。

本当に何を言われても非難されていると
取ってしまいますから、
一時期は人と関わるのも怖かったです。


それで引きこもりがちに
なってしまったこともあります。

そうなると、
うつ病の人にとって禁句なんて
たくさんあるように思ってしまいますが、
逆に言われてホッとする言葉、
嬉しい言葉と言うのもあります。

その一つは、「大丈夫だよ」です。

ずっと自分はダメなんだと思ているので、
そういう風に言われるとほっとして、
心が軽くなりました。

何か自分を肯定してもらえるような言葉が
一番いいんですよね。

そうなると否定するような言葉かけは
全部禁句となってしまいますね。

もし、うつ病の家族や知り合いを持つ方へ、
うつ病の人たちに否定的な表現は
禁句ですし、大きく傷つく可能性があります。

だからこそ、できるだけポジティブな言い方、
表現で接してあげてください。


例えば、うつ病で落ち込んでいるときに、
「そんなことで落ち込んでいたら先へ進めないよ」
という言い方は禁句です。

そうではなくて、
「そんな風に落ち込んでいて辛そうだね。
どうしたらいいか一緒に考えようよ」
と寄り添って少しでも肯定的に前が見れるような
接し方をしてくれると本当に助かるのです。

以上、うつ病の接し方で使わないでほしい禁句に
ついてお話しました。

    スポンサードリンク
   

posted by とあるサラリーマン at | もし家族がうつになったら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク