スポンサードリンク
   


うつ病の薬の正しい飲み方



うつ病の薬は正しく飲むことが大切です。

私も実際にうつ病で倒れて、
心療内科に行くまでは、
こうしたお薬は非常に抵抗がありました。

ただ、お薬を飲んで、
気持ちが随分と楽になりましたし、
食欲も出るようになったので、
その経験もあってから大分お薬を
信頼できるようになりました。

さて、そうした薬の飲み方ですが、
うつ病の薬は正しく飲まないといけません。

私がお医者さんに聞いた正しい飲み方は、

1.まずは医者の指示をしっかり従うこと。
2.自分勝手に増減しないこと。
3.お酒や他の薬と一緒に飲まないこと。


です。

1は当然ですね。

お医者さんの指示通りに飲まないと
お薬の効果がよくわからなくなってしまいます。

お医者さんは
「こういう薬を飲めば
こういう効果が出るだろう」
というのを考えて、薬を出しているので、
その通りに飲んで、そして実際に、
どういう効果が出たのかを
診察の時にお話をしていくとよいでしょう。

また2のように勝手に薬を減らすのもNGです。

中には少しだけ減らしただけで、
ひどい副作用がでてしまうこともあるので、
もし増減する場合は、
お医者さんの許可をとるようにしましょう。

あと、3のお酒と一緒に飲むのはご法度です。

特に睡眠薬や抗不安薬はお薬を飲むと、
夜に夢遊病状態となったり、逆に眠れなかったりなど、
する場合が結構あります。

特に、薬に依存してしまって、
なかなかやめられない人に限って、
1〜3を守れていない人が多いそうです。


お薬はお医者さんの指示を守って、
正しく飲むことが大切です。


    スポンサードリンク
   

posted by とあるサラリーマン at | 医者との関わり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク