スポンサードリンク
   


心療内科に行くと薬漬けにされる!?



心療内科に行くと薬漬けにされる・・・
そんなことを良く聞きます。

私の場合は幸い薬漬けにはならず、
元気に復職ができましたが、
病院に行った時に周りの患者さんを見ると、
「この人治るのかな・・・?」と
疑問に思ってしまうような人もいました。


薬局でもたくさんお薬を貰っていて、
横目でドン引きしたこともあります。

同じお医者んにかかっていたのに、
人によっては薬漬けみたいに
たくさんのお薬を貰っている人も
いるんですよね。

ちなみに別の記事で読んだのですが、
薬漬けになるかならないかは
次の言葉を言うか言わないかだそうです。

参考:多剤大量服用を防ぐために精神科医師に絶対言ってはいけないこと


それは・・・

「先生、しんどいので何とかして下さい」

という言葉を言うか言わないかだそうです。

考えれば、お医者さんってお薬で症状を
何とかして行こうというのが仕事ですので、
「何とかして下さい」
と言われると、お薬を増やす以外、
手段がないんですよね。

それで、どんどんとお薬が
増えていってしまうんだそうです。

そう言えば、私の場合は、
「何とかしてください!!」って
言わなかったですね。

どっちかというと、
一人でどうしていいのかと
考えすぎてしまう方でした。

だから薬漬けにはならなかったのかも
知れませんね。

上記のブログではちょっとした発言が
多剤大量処方につながっていくとのことでしたので、
精神科や心療内科の先生とのお付き合いの仕方は
本当に考えて行かないといけないと思います。

それが薬漬けを防ぐコツなのかもしれません。

ではでは。
ありがとうございました。



お医者さんと付き合う上でお勧めの本です。
お医者さんが何を考えているのかわかります。

    スポンサードリンク
   

posted by とあるサラリーマン at | 医者との関わり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク