スポンサードリンク
   


うつ病の時はとにかくゆっくり休む


うつ病の時に私が意識したことの一つは、
とにかくゆっくり休むことでした。

今日1日無理なら、無理をしない。

ゆっくりと休むこと。

これにもいろいろとコツがありまして、
私が主治医の先生から教えてもらったのは、
「意識してゆっくりと休む」ということです。

ただ、だらだらと身体に任せるように
ゆっくりと休むのとは違います。

今日は体が動かない時は、
だらだらと布団の中で過ごすのではなく、

よし、今日はゆっくり休もう

と、意識して布団の中で過ごしました。

なんというか、自分で決めるという感じですね。

これが非常に効果的でした。

決めた瞬間に、そこからストンと寝れるので、
起きたときは気持ちが大分楽になることもありました。

これは人間は生理反応は
全くコントロールできないという
原則に基づくものだそうです。

身体が動くかどうかは生理反応で、
それをどうにかしようとしても、
できるものではありません。

逆に、「今日はゆっくりと休もう」と
考え方を変えた方が
結構、スッキリとするのだそうです。

こういった考え方は
認知行動療法に基づくものだそうですが、
私にとってはこの考え方は非常に合っていました。



うつ病で身体が動かない時は、
いっそのこと「今日は休む!!」という選択を
されるのも非常に良いと思います。

無理しないでゆっくりと休むということも、
非常に大切な治療なのだと思います。



    スポンサードリンク
   

posted by とあるサラリーマン at | うつ病を治すために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク